【診療最終受付】
午前診療 12:00
午後診療 19:00

Cat

ネコちゃんの病気について

どの飼い主様もネコちゃんを家族の一員として大切にしているので、できるだけ元気に過ごしてほしいという願いがあると思います。とはいえ、ネコちゃんたちは人間の数倍のスピードで成長しますから、年を重ねるごとにさまざまな疾患のリスクが上がっていきます。生涯健康トラブルが全くないというケースは珍しく、何らかの疾患があるのはごく一般的なことです。そのため、飼い主様がネコちゃんがかかりやすい病気のリスクや症状を知っていれば、軽症のうちに医療を提供しやすくなります。ぜひ、適切な知識を身につけることや、日常のしぐさに気を配ることを怠らないようにしてください。

疾患例一覧

ネコちゃんがかかりやすい疾患を一部紹介します。
以下のような症状がみられる場合はお早めの診察をお願いします。

  • 消化器疾患例

    • 便秘

      年齢が上がると便秘のリスクは増えますし、骨盤骨折がある猫にも多く見られます。慢性化するほど治療もしにくくなるので、排便の姿勢を取っているのに便通がないことが多い場合などは当院に早めにご相談ください。

    • 毛球症

      猫は毛づくろいの性質があることから、どうしても体毛を飲み込んでしまいます。嘔吐や便で排出されていればよいのですが、排出困難な場合は胃炎や便秘の原因になることもあります。

    • 誤食・誤飲

      ワンちゃんに比べると少ないですが、ネコちゃんでもやはり誤飲は見られます。誤飲したものによっては重篤な状態におちいることも考えられますので、様子がおかしいと思ったら早めにご相談ください。

    戻る
  • 皮膚疾患例

    • アレルギー性皮膚炎

      食べ物からアレルギーを起こすほか、蚊やノミに刺されることで起こる場合もあります。発疹や痒み、皮膚のただれなどが代表的な症状です。様子によって投薬による治療も行いますので、まずはご相談ください。

    • 皮膚糸状菌症

      カビの一種である皮膚糸状菌によって起こる疾患で、毛が薄くなったり、円形脱毛を起こしたりします。フケや紅斑が見られることもあり、症状が現れる部位は頭部、耳、四肢などが代表的です。人にも感染します。

    • 疥癬

      ダニによって起こる感染症です。頭部、耳、四肢に見られる疾患で、痒みやフケ、薄毛のほか皮膚がかさついてくるなどの症状があります。周囲の猫にも感染するので、ぜひお早めに当院にお越しください。

    戻る
  • 眼の疾患例

    • 結膜炎

      猫カリシウイルス感染症や猫ウイルス性鼻気管炎、クラミジア感染症にかかったネコちゃんに多く見られます。症状として目ヤニや白目の充血、流涙などがあり、ウイルス感染に起因していれば、口内炎や咳、くしゃみが出ることもあります。まれに重症化することもあるので、上記の症状があれば早めにご来院ください。

    • 角膜炎

      外傷やウイルス感染によって起こる角膜の炎症です。症状としては目に痒みが出て、角膜に白い濁りが見られることもあります。重症化した場合角膜の損傷が激しくなり、視力に大きな影響を与えることもあります。そのため、早期の治療が重要なので、目に異常があれば早めにご相談ください。

    戻る
  • 腎臓・泌尿器疾患例

    • 腎不全

      年齢が上がるほど発症しやすい疾患です。慢性腎不全の場合は、生命に関わることも少なくありません。腎臓の機能が低下するので、食欲が低下し、嘔吐や多飲多尿も見られます。急性腎不全は進行が早いので注意が必要ですが、早期に治療すれば腎機能の回復も不可能ではありません。

    • 膀胱炎

      膀胱炎は尿結石や細菌感染のほか、ストレスでも起こりうる膀胱の炎症です。残尿感があることから頻繁に排尿姿勢を取るようになるものの、排尿量が少なく、場合によっては血尿が出ることもあります。

    • 尿道閉塞

      オスのネコちゃんに多い疾患で、栓子や結石が尿路に詰まることで起こります。頻尿傾向が強まりますが、尿道が完全につまるとわずかな日数で尿毒症になることもあるので、早めの治療が肝心です。

    戻る

その他のサービス